鼻に1回スプレーすると保護効果が期待できますか?新しいコロナウイルスワクチンは陽性の結果を示して...

鼻に1回スプレーすると保護効果が期待できますか?新しいコロナウイルスワクチンは陽性の結果を示しています

この新しいワクチン研究は、アデノウイルスワクチンの一種としても使用され、配列のスパイクタンパク質(スパイクタンパク質)をコードする遺伝子を持っており、配列データはコドン最適化によって処理されます。マウス学習モデルとアカゲザルモデルでは、筋肉内注射は免疫系の反応を誘発する可能性があり、システミックリスクはスパイクタンパク質や他のサイトカインを介した免疫療法の反応に特異的な抗体を生成します。

ワクチンの防御能力をテストするために、研究者らはワクチン接種の30日後にテストを実施しました。つまり、新しいコロナウイルス(2019-NCoV-WIV04株)が気管に導入されました。

噴鼻式疫苗

このワクチンはアカゲザルを保護します

噴鼻式疫苗

対照的に、筋肉内ワクチンを接種した3匹のサルは、ウイルスを検出しなかったか、チャレンジの5日前に検出しきい値(1ミリリットルあたり数百コピー)に達しました。 7日後、どのサルも感染の兆候を示さなかった。その後、研究者らはワクチンの投与量を10分の1(1×10 ^ 10 vp)に減らし、同様の結果を観察しました。これらの結果は、筋肉内ワクチンによって生成された免疫がアカゲザルを効果的に保護できることを示しています。

噴鼻式疫苗

興味深いことに、アカゲザルモデルでは、研究者は「鼻および口の免疫」グループ(3,5 x 10 ^ 10 vp)を追加しました。ワクチン接種されたアカゲザルで産生される特異的抗体のレベルは、桁違いに1〜2%低くなっています。しかし、ワクチン接種の30日後、サルもウイルス検査を受け、最初の4日間は明らかな感染はありませんでした。チャレンジの6〜7日後、2匹のサルが軽度のウイルス感染を示しました(1ミリリットルあたり約1,000コピー)。後でウイルスは見つかりませんでした。その後、研究者らは、独立した研究で、経口免疫の影響が無視できることを発見しました。これらの保護効果は、点鼻薬の免疫によるものです。

これらの結果に基づいて、研究者らは、この新しいタイプのコロナウイルスワクチンは効果的な防御を示し、鼻の免疫はアデノウイルスベクター自体によって引き起こされる潜在的な免疫問題を軽減することが期待されると指摘しました。したがって、ワクチン候補として、さらに臨床試験を行うことができます。

この記事へのコメント